カテゴリ:食物で遊んではいけません( 9 )

過去の贖罪

先日、戸棚を整理していたらやけに懐かしい物を発見してしまいました。

b0076297_0363995.jpg
“あの”マロニーです。
お前、まだ残っていたのか……普段、如何に料理をしていないかが良く分かりますね。


b0076297_043861.jpg
賞味期限は2009年12月になっています。(比較用に今日(昨日?)のレシートと一緒に並べてみました。)
そうか、ところてんだのマロニーだの騒いでいたのも、もう6年も前の事になるんですね……


b0076297_0455812.jpg
こうして再会したのも何かの縁だし、お焚き揚げする事にしました。
大丈夫だ、乾いてる食材と凍ってる贖罪は多少(?)賞味期限が過ぎたところで問題ない。

b0076297_047218.jpg
せっかくなので、茹でバージョンも作成。

b0076297_049254.jpg
とりあえす調理完了……しましたが、何か物足りない気がします。
そう、このブログでマロニーと時を共に過ごした食材といえば……




b0076297_0495716.jpg
はい、いつものです。
弱点としては既に克服してしまっているので、ここは一つ以前の挑戦時に皆さんからコメントで頂いた調味料を試してみる事にしました。


b0076297_0583667.jpg
きな粉と、はちみつです。
本当ははちみつじゃなくあんみつを予定していたのですが、あんみつに入れてしまったら調味料と言うより殆どあんみつになってしまうと思い、はちみつに切り替えました。
決して黒蜜が意外と高かったからとかではありません。

b0076297_059621.jpg
ところてんを器に取り分けて、さあ行ってみましょう~。



b0076297_10147.jpg
まずはきな粉から。
こうしてみると、確かにわらび餅に見えなくも……ない?
b0076297_11125.jpg
お味のほうですが、きな粉の味がします(当たり前だ)。ところてんが予想以上に柔らかく、また酸っぱいため、あまり美味しい……とは言えないです。
時間が経つにつれて、見た目が私の超苦手な“いかの塩辛”のようになってしまったのもいまいちポイント。



b0076297_133051.jpg
続いてはちみつをたら~りと。
b0076297_14739.jpg
ほのかな酸味とはちみつの甘味が良い感じで、さながらあんみつを食べているような感じです。
これは割と当たりでしょうか?
普通にあんみつ買って食え、と言ってしまえばそれまでですが……関東流に甘くして食べる場合、きな粉のようなほんわか雰囲気より、蜜系のしっかり甘くなる物の方が合うようですね。



b0076297_17042.jpg
そして当然のように存在するゴマ和えです。
これも当初はすりゴマを試すつもりだったのですが、スーパーの売り場に行った瞬間、本能が形状の残ったゴマを選んでいました。
b0076297_184719.jpg
見た目のインパクトは十分です。
味は……まあ普通です。ただ、ゴマの香ばしさを味わうには、ところてん用のつゆは入れない方が良いですね。


何だか楽しくなってきたので、今回の調味料を茹でマロニーにも試してみる事にしました。
夜中にこういう事やってると、妙にテンションが上がりますよね?


b0076297_1111567.jpg
きな粉マロニーです。
これが思いの他に美味しい!
マロニーが元々主張しない味のところにきな粉の風味が絶妙に加わり、マロニーのもちっとした食感と合わさってまるできな粉餅の麺バージョンを食べているような感じです。


b0076297_1134725.jpg
はつみつマロニー。
これもマロニーの食感に割と合います。きな粉に比べるとややインパクトに欠けますが悪くはないですね。



つづいてゴマロニー……と行きたい所だったのですが、ここで写真を紛失する痛恨のミスorz
詰めが甘いのは今も昔も変わらないようです……。
味については、きな粉の時と同様に香ばしさがもっちり食感と合い、ごま餅気分を味わえます。



あ、ちなみに揚げたマロニーはそのまま頂きました。
ちょっとしたスナック感覚でパクパク行けちゃいます。
マロニーは万能ですね~。



意外と使い勝手が良さそうな事が分かったので、また買ってきますかね~?
……そしてまた戸棚にしまい込んで賞味期限切れにしてしまう訳ですね。

生体的な飲料
[PR]
by eril2 | 2016-08-21 00:32 | 食物で遊んではいけません | Trackback | Comments(3)

過去との決着ver3

(ver2を未だ読んでない人は、先にそちらを読む事をお勧めします)

b0076297_2146932.jpg

好奇心に負けて再び巡り合ってしまったエイリアンの足の詰め合わせところてん。
4年間という時を経て、今改めてその食材に挑む……!

相変わらずちょっぴり美しくない画像入りなので一度隠します
[PR]
by eril2 | 2011-07-25 22:39 | 食物で遊んではいけません | Trackback | Comments(6)

過去との決着ver2

かつて私は、このブログにてこんな発言をしました。


“余程の事がない限り、今後私が○○を食べる事はないでしょう。

最後に良い思い出をありがとう、そしてさようなら、○○。”


しかし同時に、代弁者がこんなコメントも残していました。


“……きっとしばらくしたら、また好奇心で買ってしまう”

学習能力が無い結果がこちら
[PR]
by eril2 | 2011-07-25 22:39 | 食物で遊んではいけません | Trackback | Comments(0)

合成は御得

PSUを昔からやっていた人なら、その昔まだBランク武器の合成が盛んに行われていた頃、こんな裏技?を耳にした事があると思います。

『☆4の金属(☆5の木材)は現物を購入するより、材料素材と基板を買って合成する方が安上がりである』

例1)☆4のスピラル【買値800メセタ】を合成で作る場合……

☆1ソウラル×4(買値100メセタ×4=400メセタ)+基板/金属変換C→B(買値500メセタ、一つの基板で10回使えるので1回辺り50メセタ)

=【合成作成した場合450メセタ】


例2)☆5のニュー・アッシュ【買値1000メセタ】を合成で作る場合……

☆2ニュー・ウッド(買値150メセタ×5=750メセタ)+基板/木材変換C→B(買値500メセタ、一つの基板で10回使えるので1回あたり50メセタ)

=【合成作成した場合800メセタ】


ただし作業に時間がかかる為、リッチな人はメセタに物を言わせてそのまま現物購入して時間短縮を図るケースも多かったとか(実際、NPC店売り価格より高い値段で素材置いてある個人ショップでもNPC店まで行くのが面倒という理由で売れる事があったと言いますから……世の中メンドクサがりな人がいるものです)。


さて、何で今更そんな話を持ち出したかと言うと、最近この現象をリアルに体感する事があったのでちょっと思い出しがてら書いてみた次第であります。
まあ、自分は参入遅かった上に某ルールのせいもあってこの技?は一度も使った事ないんですけどね。

ようやく……な本編はこちら
[PR]
by eril2 | 2011-04-21 00:00 | 食物で遊んではいけません | Trackback | Comments(3)

挑戦の結果

今回の日記は昨日の記事『深夜の奇行』の結果報告になります。
未だ見ていない方は、そちらを先に見る事をお勧めします。

覚悟はいいか?俺は出来てる
[PR]
by eril2 | 2010-03-08 01:35 | 食物で遊んではいけません | Trackback(1) | Comments(12)

深夜の奇行

b0076297_4175618.jpg
それは、ある人の何気ない一言が発端だった。

『チキンラーメンをご飯と一緒に炊くと、ご飯がおいしくなる』

それ自体は大きな会話の流れの中の一つであり、みんなでそのネタをつつきあって、会話が進めば終わる……ただそれだけの筈だった。


しかし、その会話に参加していた中で一人、ある事に気づいてしまった者が居た。
『ちょうど昨日、お米研いで炊飯セットしてたっけ……』











b0076297_4211140.jpg
と言う訳で、これが明日一日分の主食を調理するべくスタンバイしている我が家の炊飯器君です。
6:30に、ほかほかご飯が炊ける予定になっています。

b0076297_4225636.jpg
無論、浸しもバッチリです。
……あれ、もしかして浸しの段階からやらないと駄目だったのでしょうか?
まあいいや、何事も挑戦が大切という事で。


b0076297_4242420.jpg
残念ながらチキンラーメンその物は無かったので、同じようなコレで代用する事にしました。
そのまま食べても良し、お湯かけて3分待っても良しとありますから、大体似たようなモンでしょう。


b0076297_426256.jpg
米を3合セットしてあるので、同じく3個投入です。
これで大体チキンラーメン1食分ってところでしょうか?


あとはこれを再度蓋をして、6:30を待つだけ……と思ったのですが、何かが足りない気がします。
そう、もう一捻り何か味付け的な物を……


しばらく考えていると、このブログにふさわしい(?)ある食材の存在を思い出しました。

b0076297_4314230.jpg
マロニーです。
リベンジしようと思っていたところ、さつきさんの予言により使用の機を逃していたコイツを、今こそ使うべき!

b0076297_4343129.jpg
と言う訳でマロニーも投入です。
何だか最初の目的からだんだんずれてきている気がしますが、こんな事をやろうと考え付く時点で頭が正常に働いていないのは明らかでありつまりこれが現在の正常状態という(以下略

b0076297_437176.jpg
……普通、水で戻して使うものですよね~……という事に入れてから気づいたので、少しでも水分に浸しておこうと混ぜてみました。
この時点で、水の色がチキンラーメン(代理)のせいで若干変わってきています。
何だろう、この不思議な期待感は……?


さて結果は、6:30になってからのお楽しみ~……ってあと2時間も無いじゃないですか!
誰でしょうね、こんな夜更かしに付き合っていた悪い子達は?
[PR]
by eril2 | 2010-03-07 04:42 | 食物で遊んではいけません | Trackback | Comments(2)

夜ご飯

ゲームとか勉強とか、色々やってて夜遅くなってしまう事ってありますよね?(主に前者)
夕ご飯から時間が経っていると、寝ようにもお腹がすいて眠れなかったり……
そんな時、皆さんはどうします?

我慢して寝てしまう?
何か軽くつまんでしまう?

今日の私は、こんな気分でした
[PR]
by eril2 | 2008-10-17 01:58 | 食物で遊んではいけません | Trackback | Comments(5)

宿命の出会い

またまた、PSUから少し離れたお話です。
(でもやっぱり、無関係ではないです(^^;))


今日は、中学校の同窓会に行ってきました。
都合により日帰りでしたが、懐かしい顔ぶれに会えて、とても楽しかったです。


で、同窓会の席で出た料理が、こちらです。
b0076297_22334017.jpg
普段、こういった料理を食べる事は殆どないので(当たり前ですね)、色々と目移りしてしまいます。
田舎者みたいで嫌ですね~……。



b0076297_2235827.jpg
これが、鍋の具だそうです。
卓上の小鍋で、これらを煮る訳なのですが……ちょっと待って下さい。
何だか、気になる具材があるのですが……



b0076297_22371678.jpg

こっ、このエイリアンところてん進化形のような食材はまさか……











<私>この白いのは何ですか?
<女将さん>こちらマロニーになります。













これがマロニー!!




まさか、こんなに早く巡り合う事になろうとは……。
探す手間と調理する手間が省けたという訳です。

しかし、ところてんと違い何だか弾力がありますね~。
ところてんは脳ミソか小腸と見間違える様でしたが、これはちゃんと食べ物に見えます。


さっそく、鍋に投入です。
b0076297_22481428.jpg



他の具も全部入れて、あとは待つばかり。
b0076297_22484024.jpg
……少し色々はみ出てますが、そこは気にしない方向で。
ざるに入ってた物を全部入れたらこうなったのです。
私のせいじゃないです。





待つこと数分……






b0076297_22502158.jpg
煮えましたよ~。
(こんな写真をいちいち撮っている私は、傍から見たらホントの田舎者に見えてたのでしょうね……)


さっそく、一口。















ぱくり。




















え~と、オチが無くてすみません。
普通に美味しかったです(><)

ちゃんと食べた感触しますし、味もちゃんとしましたし、全く問題ありませんでした。
ひょっとしたら、エイリアンも鍋で煮込んだらオイシイのかもしれません。
(溶けますね)



b0076297_239529.jpg
いう事なしで、ご馳走様でした。
勿体無いおばけが出ないように、全部食べましたとも。
(左下の方はあまり見ないで下さい)
海鮮の生ものは駄目なのですよ~……







ちなみに
b0076297_23205737.jpg

これは、今日の早朝(昨日の深夜)の1コマです。
言われたその日に食べる事になるとは……不思議な因縁を感じますね。
(今度から同窓会に出かける時は、PSUで不用意に食べ物の話はしない方がいいのかもしれません)

b0076297_2326750.jpg

スミマセンさつきさん、流石にマヨネーズは無かったです……。
今度やる時は、試してみます。

今日のおまけ
[PR]
by eril2 | 2007-03-10 18:46 | 食物で遊んではいけません | Trackback | Comments(3)

過去との決着

今回は、ちょっとPSU(とPSO)の話からちょっと離れて……
(全くの無関係という訳でもないのですけど)


その食物の名を聞いた時、心に浮かんだのは拒絶の感情でした。
しかし、何故それ程までに拒絶するのか、自分自身でも分かりませんでした。
ただ同時に思い浮かんだのは、幼い頃川で魚釣りをしている時に見つけた、寒天状の物体に黒い斑点が入っている物でした。
(当時はそれをエイリアンの死体の足だと勘違いしていました)


理由も分からぬまま嫌うのは良くないと思い……先日、遂に購入してしまいました。
b0076297_2235729.jpg

震える心を抑えて、いざ挑戦です。







b0076297_2244789.jpg

この時点で、やる気50%減です(早すぎ?)
何といいますか……この変な光沢が……
やはり私には、これが食べ物にはどうしても見えません。


でも、スーパーで売っているくらいですから、きっと食べられるのでしょう。
添付されていたタレを入れてみます。
b0076297_2271053.jpg

イカソーメンの失敗作に見えます……
ヒモのくねり具合がタレに透けてよく見えるようになり、見た目(の恐ろしさ)がアップしました。
今にも、うねうねと動き出しそうな気がしてなりません。


続いてふりかけ投入。
b0076297_22145492.jpg



いちおう、これが完全体のようです。
b0076297_22151962.jpg

この……透明感が……食欲をごっそり削ってくれます。




しかし、ここまで来た以上引き下がれません。
いざ、正体不明の因縁を断ち切る為に……!













ぱく。
















b0076297_22183090.jpg


b0076297_22185385.jpg


b0076297_221933.jpg



……やはり、私の直感は正しかった様です。
麗しい酸味、歯切れ良い硬度、狂おしい喉越し……
(すっぱい、歯ごたえない、飲み込むのキモチワルイ……)

どれを取っても、私の好みとはかけ離れた物でしたorz



駄目です、これはやはり食べ物ではありません。
きっとエイリアンの足の詰め合わせに違いないです。

さて、これどうしよう……
[PR]
by eril2 | 2007-03-03 12:25 | 食物で遊んではいけません | Trackback | Comments(4)